Homeブレーキ

ブレーキ

ブレーキの種類と用語

ブレーキとは機械の運動を停止・減速させる装置のこと。制動装置とも言う。ここでは、車のブレーキの種類と説明のほか、ブレーキに関する用語などを紹介しております。

フットブレーキ/Foot Brake

クルマのブレーキは大きく分けて3種類あるが、その中でも足で操作するものをフットブレーキという。一番頻度の高いブレーキといえ、クルマを減速させることと停止させるために使用されるメインブレーキだ。油圧を利用し、少ない力でも1tを超える重量の車体を簡単に止めてしまうほどの性能を持つ。フットブレーキを踏むと前後のタイヤの回転を止めるしくみだ。ブレーキの基本的な構造は長い間変化していないが、最近ではアンチロックブレーキシステムなどの普及で、ブレーキ自体の性能や安全性は格段にアップしている。

パーキングブレーキ/Parking Brake

パーキングブレーキは別名、サイドブレーキとも呼ばれ、走行中に使われるフットブレーキとは違い、おもに停車中にクルマが動かないようにするための補助ブレーキの意味合いが強い。また、パーキングブレーキはセンターコンソール横にレバーがあるものと、足踏み式の2種類がある。パーキングブレーキは、リヤタイヤのブレーキを操作し、油圧ではなくワイヤーなどで行う。また車種によってスピードを落とすフットブレーキはディスクブレーキを使用し、パーキングブレーキはドラムブレーキを使う2種類のブレーキを併せ持ったブレーキもある。

エンジンブレーキ/Engine Brake

エンジンの回転抵抗によるブレーキ。フットブレーキのようなパーツが付いているわけではなく、エンジンの回転数を下げることによって生まれるエンジン内部の抵抗の力だ。エンジンはアクセルを戻した(あるいはクラッチを切らずにアクセルを戻した)時、エンジンの回転が落ちて、スピードも落ちるしくみだ。さらにマニュアルなら、低いギヤへシフトダウンしていく時もエンジンブレーキがかかる。

ブレーキ用語

ブレーキキャリパー/Breke Caliper

ブレーキローターを挟み込んで止めるブレーキの本体。ブレーキパッドが装着される。

ブレーキローター/Brake Rotor

円盤状の金属でできたパーツのこと。ここにブレーキパッドを押し当てることで抵抗になっり、ブレーキがかかる。

ブレーキパット/Brake Pad

ブレーキローターに押し当てるための摩擦材。キャリパーの大きさに合わせて、フロントのブレーキパッドの方が、リヤのブレーキパッドよりも大きな表面積を持つのが一般的だ。磨耗材が減ってきても性動能力が急激に落ちるようなことはない。

ブレーキブースター/Brake Booster

フットブレーキを踏むだけでは足りない力を、さらに高めるための装置。エンジンの排気する力を利用している。マスターバックともいう。

マスターシリンダー/Master Cylinder

ペダルの踏む力を油圧に変換する装置。前後のブレーキへの油圧配分も行う。

ブレーキホース/Brake Hose

ブレーキオイルの通り道。マスターシリンダーからキャリパーまでつなぐホース。耐圧性に優れている。通常はゴム製のホースだが、圧力でホースの変形を抑える金属製のホースもある。

ディスクブレーキ/Disk Brake

現在の主流となっているのがディスクブレーキシステム。ブレーキキャリパーの装置された2枚のブレーキパッドが油圧でブレーキローターを挟み込むことで摩擦を生み、ブレーキがかかる。タイヤ1つに対してキャリパーは1つ、ブレーキパッドは2枚となっている。クルマ全体では4輪ディスクブレーキの場合でキャリパーが4つ、ブレーキパッドは8枚が必要となる。車種によって、大きさも性能も異なるが、重いクルマやスポーツタイプのクルマには制動力の高い大きなブレーキキャリパーが装着される。ブレーキローターの大きさもそれに比例して大きくなる。また、ローターを2枚重ねにして、その空間を設けることで放熱性を高めたベンチレーテッドディスクもある。

ドラムブレーキ/Drum Brake

摩擦によりクルマを減速させる原理はディスクブレーキと同じだが、その構造やパーツは別物。ディスクブレーキのような金属製のローターを持たないのが特徴だ。ドラムブレーキは摩擦材となる半月形のブレーキシューを外側に広げることで摩擦を生み出している。ブレーキシューが押し当てられる部分をドラムといい、通常は円形のふたのような形をしている。このドラムがタイヤと共に回転し、その中にブレーキシューが組み込まれている。ドラムブレーキのデメリットは、構造上の問題から放熱の効率がディスクブレーキに比べて悪いことが一番に挙げられる。その他メンテナンス面でも、ブレーキシューのダスト(まさつによるり出るガス)が内部にたまりやすい。ダストがたまることでブレーキのフィーリングが悪くなることもある。メリットは軽量かつシンプルで、製造コストが安いことだ。

ページトップへ
Copyright (C) kurumadays.com All Rights Reserved.