Home車の分類

車の分類

ボディ形状の違い(ボディの種類を見てみよう)

セダン/Sedan

クルマのボディの中でもっともベーシックなタイプ。エンジンルーム、居住スペース、トランクで構成されているので、3BOXともいわれている。セダンの大半は4枚ドアで構成され、ゆったりとした居住スペースを確保できるのが特徴。乗員の快適性を重視した居住空間、充実した装備、さらに安全装備や細やかなデザインにいたるまで、各メーカーが一番力を入れている。

ハードトップ/Hard Top

窓を開けたときに窓枠がないスタイル。全体のシルエットが低めでスポーティなイメージを受ける車種が多い。セダンとの差が分りにくいが、ドアを開け窓を全開に開けたとき、窓枠(ピラー)がないため、開放感は特別だ。セダンと比べると、よりスポーツカー寄りの低く構えたデザインが多いのも特徴。

クーペ/Coupe

クーペ=スポーツカーという図式で解釈しても間違いではない。低く構えたデザインが特徴のクーペは、まさにスポーツタイプに最適なボディ形状といえる。スポーティなデザインで速さを感じさせるが、その分、居住空間は4ドアセダンより狭くなっており、中には2シーター(定員2名)のモデルも多く存在する。あえてセダンと居住空間を比較するなら、後部座席のスペースに限って、補助的な意味しか持たない車種もある。

ステーションワゴン/Station Wagon

簡単にいえば、ワゴンとはセダンのトランク部分と後部座席の仕切りををはずし、屋根部分まで荷物スペースを持ち上げたもの。居住空間と収納スペースを1つの空間で共有するのがするのがステーションワゴン。セダンからの派生モデルであることから、初めて運転するユーザーでも違和感を感じることは無い。ワゴン最大の魅力は、収容できる荷物の量。収納力、運転のしやすさも魅力です。

ミニバン/Mini van

居住スペースの大きさと高い実用性を併せ持つのがミニバン。「ミニ」と付いてるが、実際には軽自動車から3ナンバークラスまで、ボディサイズにかかわらずミニバンと呼ばれている。ワゴンが積載する荷物スペースに重点を置いた作りになっていることに対し、ミニバンは限られたボディサイズの中でいかにゆったりと座れるかを重視している。

SUV/Sports Utility Vehicle

一昔前なら「4駆」と呼ばれていたカテゴリーだが、今では総称してSUVと呼ばれている。ボディのベースは車高が高く、悪路の走破性が高い4WDだが、その味付けは悪路メインというよりも、乗り心地や装備を充実させた都市型4WDに近い。SUVという車種に明確な定義は無いが、いずれも最低地上高が高めに設定されているので、舗装路はもちろん、悪路での走行はSUVの最も得意とする分野である。

ピックアップ/Pick Up

商業用に多く使われる、屋根のない荷台付きトラックのこと。屋根が無いのでミニバンやワゴンでは積むことのできなかった高さのある荷物も運搬できる。居住部分の広さはあまり重視されない。しかし、商業用以外の使い方としてレジャーなどに幅広く活用できるのが特徴。さらに、一部のマニアの間では、ピックアップの車高を極端に上げた「ハイリフト」というジャンルでカスタムベースとして人気が高い車種もある。

ハッチバック/Hatch Back

ハッチバックは様々な車種に使われるスタイル。もともとボディのリヤ部分のトビラ(ハッチ)を上下(または横方向)に開けられるスタイルをハッチバックと呼び、こうすることで色々なメリットが生まれてくる。ここでは比較的小さなボディサイズを有効に使うためのジャンルで解説、セダンとステーションワゴンの良いところを合わせて2で割ったようなスタイル。絶対的な荷物収容能力はそれほど高くない。

オープン/Open

屋根(ルーフ)を持たないスタイルで、開放感は随一。いろいろな種類があり、一番メジャーなのが、フルオープン。次に屋根の一部だけを取り外せるタイプをタルガトップと呼ぶが、メーカーによってはエアロトップとネーミングしている場合もある。さらにタルガトップの真ん中に骨組みが残るものをTバーという。

FR

「フロントエンジン・リヤドライブ」の後輪駆動のことを総称して、FRと呼ぶ。エンジンで発生した力をミッション、プロペラシャフトと伝えて後輪を回すシステムだ。FRは主にスポーツ系車両と高級車種に採用されることが多い。前輪はクルマの向きを変えるための操舵装置のみを受け持ち、後輪はクルマを走らせるためだけに駆動することで、実現する素直な運転特性がFR最大のメリット。

FF

多くのクルマに採用されている。クルマの前部にエンジンを置き、前輪で駆動するレイアウトを「フロントエンジン・フロントドライブ」と呼ぶ。この略称がFFだ。FF車両は、構造上コンパクトな設計が可能となり、「コンパクトボディ+広い室内空間」というニーズにマッチしたクルマが作れるのだ。FFは前輪で駆動と操舵」を同時にこなすため、ある一定のスピードからはタイヤのグリップ力が足りなくなり、曲がりにくくなってしまう。これはアンダーステアという現象だ。

4WD/Four Wheei Drive

FRとFFが2つの駆動輪なのに対し、4WDは4つのタイヤが駆動輪となる。エンジンの発生する力を4つのタイヤに分配しているシステムが4WDだ。また、エンジンのパワーを4つのタイヤに均等に分散させることができ、1つのタイヤの負担は少なくなる。こうすることで、エンジンのパワーを効率よく路面に伝えることができる。

ミッドシップ/Midship

クルマのパーツの中で一番重いエンジンを、車体の中心部に置いたレイアウトがミッドシップだ。ミッドシップレイアウトは、コーナーリング性能を考えるとベストなバランスとなる。ミッドシップ以外のレイアウトはエンジンが前後どちらかに搭載されているので、カーブを曲がるときに振り子の原理でエンジンの重さがそのまま遠心力の増大となり、多少ではあるが動きが鈍くなってしまう。

エンジンの排気量

エンジンの大きさを示すものが排気量と呼ばれる。一般的には排気量の大きなエンジンは気筒数も多い。

ボディサイズ

ボディの大きさによって、ナンバープレートの表示が変わってくる。3ナンバーと5ナンバーの区切りは「総排気量2000cc以下、全長4.7メートル以下、全幅1.7メートル以下、高さ2メートル以下」が5ナンバーのクルマの寸法で、一部分でもこれ以上のサイズの場所があれば3ナンバーのクルマになる。

ナンバープレートの種類

正式には、「自動車登録番号標」もしくは「車両番号標」と呼ばれ、公道を走る車には必ず装着しなくてはなりません。
「自家用」「軽自動車自家用」「外交団用」「臨時運転許可番号標」「防衛庁自衛隊用」「事業用」「軽自動車事業用」「外交団大公使館の長用」「回送運行許可番号標」の種類があります。

初年度登録とは?

初めてナンバーをつけること。つまり、メーカーが製造してから、誰かが初めて購入した日となります。

ページトップへ
Copyright (C) kurumadays.com All Rights Reserved.