Home車のエクステリア

車のエクステリア

車のエクステリアとは?

車のエクステリアとは外観・全景のことでボディ、バンパー、窓ガラス、エアロパーツ、ライトなど外から見える部分のすべてを指します。エクステリアのデザイン性により、クルマの印象が大きく変わるため、クルマを選ぶさいの大きな要素のひとつであると言える。高級車であれば、より優雅な印象をもつエクステリアを、スポーツカーならばよりスポーティーで流れるような印象をもつエクステリアにするよう、自動車メーカー各社共、デザインに工夫をこらしている。

ヘッドライト/Head Light

クルマのフロントには必ずヘッドライトが装着される。夜間の走行や雨で視界が悪いときにドライバーの視界を確保する役目を果たし、もっとも重要なパーツの1つ。

フォグランプ/Fog Lamp

ヘッドライトとは別に黄色い光を発する補助的なライト。名前の通り霧(フォグ)が発生したときにヘッドライトの白色よりも視界を確保しやすく、対向車からの視認性もよくなる。

ポジショニングランプ/Positioning Lamp

ヘッドライトやウインカーの中に組み込まれるタイプや、ライトと独立しているタイプなど、車種によって形は様々。別名は車幅灯。対向車に車幅を知らせたり、ヘッドライトを点灯するほどでもない暗さで使用される。

バックフォグ/Back Fog

後続車に自分の存在を伝えるための赤色のライト。クルマの後部に取り付けられる。輸入車には装備されているケースがおおい。

キセノンライト/Xenon Light

キセノンライトはHID,ディスチャージとも呼ばれるがすべて同じ方式のライト。ハロゲンのようなフィラメントを持たず、キセノンガスを封入した部分に放電現象を発生されることで、光源としている。光量はハロゲンの2倍以上で、色は太陽光にもっとも近い。

ハロゲンランプ/Halogen Lamp

ヘッドライトに使用される一番ベーシックなタイプのライトバルブ。中にハロゲンが封入されており、光源となるフィラメントが発光するしくみ。寿命が長いのも特徴で、キセノンライトが登場する以前はほとんどのクルマがハロゲンライトを使用していた。

ドライビングライト・スポットライト/Driving Light・Spot Light

スポットライトは遠くを、ドライビングライトはフォグとスポットの中間距離を照らす。色は白が多い。

ライトウォッシャー/Light Washer

ヘッドライトの汚れを落とすためにウォッシャー液が噴射されるシステム。

ライトワイパー/Light Wiper

ライトウォッシャーやフロントガラスのウォッシャーと連動していることが多く、ヘッドライトの表面の掃除をしてくれる。

コーナリングランプ/Cornering Lamp

ハンドル、またはウィンカーと連動し、自動的に車の進む方向を照らしてくれるので、歩行者からも確認されやすい。

ロービーム・ハイビーム/Low Beam・High Beam

ヘッドライトの下向きをロービーム、上向きをハイビームと呼ぶ。ハンドル付近のレバーで切り替えを行う。

ヘッドランプレベライザー/Headlamp Leveriser

運転席付近のスイッチでヘッドライトの軸を上下に微調整できる機能。

ウインカー/Winker

正式名称は方向指示器。クルマの車線変更や方向転換、交差点などの右左折などで使用。使用頻度は装備の中でも一番多い部類に入る。基本的には、点滅することが条件で、1分間に60~120回と決められている。点滅せず点灯しっぱなしや、上記以外のサイクルでの点灯は違反となる。また、色は黄色(オレンジ)のみが許可されている。

ウィンカーレンズ/Winker Lens

ウィンカーは黄色と決められているが、レンズ(カバー)に関しては白や透明でもかまわない。ただし、その場合は点灯したときに黄色でなくてはならない。レンズを黄色以外に変更する場合は、電球自体が黄色く発光するのも条件だ。

  

ハザードランプ/Hazard Lamp

緊急時や停車時に前後のウィンカーを同時に点滅させる装置。すべてのクルマに装備されているが、そのスイッチは車種によって異なる。通常は二重の三角形のマークが描かれたスイッチで作動させる。

テールランプ/Tail Lamp

クルマの最後尾にある赤色のランプ。ブレーキと兼用になっていることが多く、ライト点灯時は、ブレーキを踏んだ時よりも少し照度が落ちて光る。夜間走行時の追突防止の役割を果たす。

ブレーキランプ/Brake Lamp

ブレーキと連動しており、ドライバーがブレーキを踏んだときに赤色で光る。テールランプはライトを点灯しないと光らないが、ブレーキランプはブレーキを踏めばいつでも点灯する。緊急時に備え、エンジンOFFでもブレーキランプは点灯する。

ストップランプ/Stop Lamp

ブレーキランプと同じ役割を果たすが、取り付けられている場所が車種によって様々。ハイマウントと呼ばれるタイプは、リヤウィンドの上部であったり、リヤスポイラーに埋め込まれていることもある。

リフレクター/Reflector

リフレクター自体は発光しないが、ライトなどが当たると反射して輝いて見える。夜間、停車中の車の確認に役立つ。

バックアップランプ/Backup Lamp

略して「バックランプ」と呼ばれることが多い。オートマチックでもマニュアルでもギアをバック(リバース)に入れると連動して光る。色は白で、あまり大きくないのも特徴。

バックフォグランプ/Back fog Lamp

吹雪や濃霧のとき、後続車に自分の位置を知らせるために後部につけられたランプ。フロントのフォグと役目は同じだが、ボディの後部に装着されているものをバックフォグと呼ぶ。

バンパー/Bunper

クルマの前後に取り付けられ、万一の衝突時には衝撃吸収の役割を果たしてくれる。ボディ側面には無関係だが、前後の衝突の場合は、乗員へのショックもやわらげてくれる。これはバンパー自体の変形と、中に組み込まれた発砲スチロールのような衝撃吸収材がクッションの役割を果たすから。スチール製のバンパーは安価なことから、以前は多くの車種に使われていたが、今ではウレタン製となっている。

ミラー/Mirror

クルマには大きく分けて2種類のミラーが装備されている。1つは室内に取り付けられたバックミラー(ルームミラー)。もう1つはボディにつけられるフェンダーミラーヤドアミラーなどである。両方とも、運転時に後方の視界を確保するためのパーツで死角を少しでも減らす役目をしている。

リヤスポイラー/Rear Spoiler

またはリヤウイングと呼ばれ、クルマの後部に取り付けられるパーツ。主に空気の流れを考慮し、高速走行でクルマを路面に押さえつける役割を果たす。また、ファッションパーツの意味合いも強い。

ボンネット/Bonnet

ワンボックス以外のクルマには、エンジンルームのフタにあたるボンネットがある。ボンネットとは「金属でできた覆い」という意味があり、クルマにおいてはエンジンの覆いと解釈出来る。市販車のほとんどが金属製のボンネットだが、金属以外にも強化プラスチック、カーボン、アルミなどがある。

ワイパー/Wiper

フロントガラスに付いた水滴から視界を確保するのがワイパー。金属の本体であるワイパーアーム、水滴をふき取るワイパーブレード、ワイパーを動かすワイパーモーターの3つから成り立っている。

ピラー/Pillar

ピラーとは「柱」という意味があるが、クルマにもこの柱がある。それがボディとルーフ(屋根)をつなぐ、ピラーと呼ばれる部分。このピラーは一番前方にあるものをAピラー、ボディ中央部のものをBピラー、そして後方にあるものをCピラーと部分によって、名づけられている。さらにミニバンやステーションワゴンでは最後部のピラーが増え、Dピラーを持つものもある。

ラジエターグリル/Radiator Grille

ラジエターグリルはグリルの奥のラジエター(冷却装置)に走行風を当てるための通風口だ。通常、左右のヘッドライトの間に設置され、ここにロゴマークなどが入り、ヘッドライトと並んで車の個性を際立たせるため、各メーカーが力を入れる部分でもある。車種によってはラジエターグリルを持たないグリルレスタイプもある。ラジエターグリルのデザインは、格子柄、横のフィン型、ネット型と各メーカーは独自のデザインを採用している。

ドア/Door

セダンやクーペに使われるドアは「ヒンジ」と呼ばれるつなぎ目によって稼動する最も基本的なドアだ。ほかに、ハッチ型(ヒンジを使っているが上下に開く)や、スライドドア(レールを使った左右に水平に移動するタイプ)などがある。中には、サイドビームと呼ばれる頑丈なパイプを埋め込み、衝突時に乗員を守る機能を持つドアもある。そのほかにもガルウィングや観音開きがある。

エアロパーツ/Aero Parts

空気の流れをスムーズにし、走行性を高める、あるいは空気抵抗を利用して、ダウンフォース「クルマを路面に押し付ける力)を得るためのパーツをエアロパーツと呼ぶ。たとえばフロントバンパーやリヤウィングがそれに当たる。また、エアロパーツは空力という面より、ファッションパーツとしての意味合いが強いようだ。

ページトップへ
Copyright (C) kurumadays.com All Rights Reserved.