Homeサスペンション

サスペンション

サスペンションについて

乗り心地を決める重要なパーツ。タイヤとボディの間に装着され、路面からの衝撃を緩和する装置のことをサスペンションと呼ぶ。サスペンションにはストラット、マルチリング、ダブルウィッシュボーンの3種類と、トラックように重い荷物を運ぶための車に多く採用されるのリーフスプリングがある。タイヤ1個に対してサスペンションは1個。1台で4つのサスペンションを持つことになる。

コイルスプリング/Coil Spring

サスペンションを構成する部品の1つで、分りやすくいえばバネのこと。このスプリングが伸び縮みすることで路面の段差で起こるショックを吸収する。通常、スプリングの長さが短くなるほど車高も下がることとなる。最近人気の「ダウンサス」と呼ばれるスプリングは普通のスプリングよりも長さが短く作られており、クルマに取りつけると車高が下がる。

リーフスプリング/Leaf Spring

トラックやSUVに採用されるタイプ。メリットは丈夫で部品点数が少なく、スペースも取らない上に、リーフの材数を変更することにより通常のスプリングを持つサスペンションよりもバネレートを自由に調整できることもあげられる。デメリットとしては、乗り心地。リーフスプリングの板間摩擦が発生することによるため不利となるが、リーフとリーフの間にスペンサーを挟むことで、ある程度は解消される。

ショックアブソーバー/Shock Absorber

スプリングの働きを制御するパーツ。衝撃を吸収してくれるスプリングは長さを自由に変えることができる一方で、力が加わるとしばらくの間、伸び縮を繰り返してしまう。この伸び縮みが継続して起こるとクルマは揺れが収まらなくなり、走行中に非常に不安定なものとなってしまう。

車軸式サスペンション

別名リジットアクスルサスペンションとも呼ばれ、左右のタイヤと1本の軸で連結されている。トラックの後部やFF車両のリヤにされることが多い。構造が単純でコストが削減できることと、サスペンションスペースをコンパクトに出来ることで室内空間も広く取れるのがメリット。一方、両方のタイヤが1本の軸で連結されていることから、片方のタイヤが受けた動きに対して、もう片方のタイヤも影響を受ける形になるので路面への追従性などは独立サスペンションには劣る。

独立サスペンション

正確には独立式懸架サスペンションとといい、左右のサスペンションが独立して動くシステムで車軸式に対して、路面追従性は格段に向上している。1つのサスペンションに対して1つの機構を設けられること、その車種に合った細かな調整が可能となっている。

ストラット式サスペンション

ショックアブソーバーとスプリング、そしてロアアームのみで構成される比較的シンプルなサスペンションでマクファーソンストラットと呼ばれることもある。独立式サスペンションの中ではコンパクトな部類に入り、車格を問わず多くの車種に採用されている。

ダブルウィッシュボーン式サスペンション

ショックアブソーバーとスプリングの構造は、ほかのサスペンションと同じだが、その周りに取り付けられるアームの形や数が違うことが大きな特徴だ。当初はアームの形がV字形をしており、鳥の叉骨(ウィッシュボーン)の形に似ていることから、名付けられた。現在では、アームの形に関係なく、上下2本のコントロールアームを持つサスペンションはダブルウィッシュボーンと呼ばれている。

マルチリンク式サスペンション

複数のリンク(アーム)を追加しているサスペンションのことで、従来より可動部分を増やしているのが特徴だ。片側、3~5本のリンクを使用して車軸の位置が決定され、リンクの配置によって、前後左右に力がかかった状態でサスペンションが上下動した時のアライメント変化を最適に保てる。これによって、バランスの取れた操縦性を確保でき、タイヤの路面への接地性をアップさせることが出来る。

その他のサスペンション

ショックアブソーバー部分に空気を利用したサスペンションもある。これがエアサス(エアーサスペンション)だ。通常はスプリングとオイルを利用したショックアブソーバーが主体となるが、この部分に空気を利用することで、快適な乗り心地を実現できる。人気はあるのだが、リーフサスペンションと比べるときわめて高価で、耐久性の面で劣るといえよう。乗用車でエアサスを採用しているのは、やはり高級車がメインとなる。それ以外では、トラックにも採用されることが多い。

サスペンションの交換

サスペンションの交換には、「スプリングだけ交換」「ショックアブソーバーとスプリングを交換」「スプリング、ショックアブソーバー、そしてショックアブソーバーのケースごと交換」の3パターンだ。一般的には、「ショックアブソーバーとスプリングを交換」することを指す。交換の目的はさまざまで、たとえば車高を落とす、競技参加用やスポーティーに走りたい、などだ。ケースごと交換するサスペンション交換は、ケースにネジが切ってある車高調整機能の付いたものに変更するのが一般的だ。

ページトップへ
Copyright (C) kurumadays.com All Rights Reserved.